子音の発音

【音声付き】「Wh」から始まる英単語の発音方法!「ホ」と言ってはダメ。

Whの発音

今回は「Wh」で始まる単語の発音に関して解説させていただきます。

日本語だとWhatを「ホワット」、と表記しますが、正しくはどうなのか?

簡単にネイティブに近い発音に変える事が出来るので是非実践してください!

英単語の頭に「Wh」が来た時の発音方法

カタカナ英語の場合、「Wh」の部分を「ホ」などと表記したり発音しますが、これはNGです!致命的なほど発音が違うわけではないものの、聞いててとても違和感があります。

また、「Wh」の後ろには必ず母音が来るので、母音の発音の確認も踏まえて見ていきましょう。

本来の発音カタカナ英語の発音
Whiteイtホワイト
Whyワーホワイ
Whoフーフー ※このままでOK
Whatワッtホワット
Whenウェンウェン ※このままでOK
Whereウェーゥrホウェア
Whiskウェスkウィスク
Whichウェッチウイッチ
Wholeホーゥlホール
Whaleウェーィオゥlホウェール
Whisperウェスプーゥrウイスパー

そんなに「Wh」から始まる単語数が多くないのでこんなものでしょうか。「Wh」の部分がカタカナ英語と異なる部分を色付けしています。

※「Whatever」みたいにWhat+~、みたいな単語のWhの発音は全て上記どおりです。

こうやって整理してみると、やっぱりカタカナ英語で「ホ」と発音してるものは本来と全然違う発音という事が分かります。

「Why」を例に、本来の発音→カタカナ英語の発音を録音してみたので聞いてみてください。

「ホ」とは言っていない事が分かると思います。

また、「Wh」も大事ですが、やはりその次に来る母音の発音の違いも大事ですね。

英語の発音の基礎の母音の発音に関しては別記事でまとめていますので、まだ確認していない方はぜひご覧ください。

もう一歩踏み込んで…よりネイティブに発音をするコツは?

ここまでで「Wh」の発音で「ホ」というのはNGと説明してきましたが、そこは変わりません。

が、なんでカタカナ英語で「ホ」となるのか考えてみたところ、ちょっと納得できる結論に至りました。

上記ではWhenの発音をウェンと表記し、カタカナ英語も「このままでOK」と記載しましたが、厳密に言うとやっぱりちょっと違います。(なんか矛盾しててすみません笑)

より一歩踏み込んだ発音を解説すると、「Wh」の発音をするとき、口が少し窄んで「ホ」みたいな形になるのです。

それがあるので人によっては「ホ」と言っているように聞こえて、結果としてカタカナ英語では「ホ」が付くようになったのかもしれません。

例に挙げた「When」の発音を録音してますので、一度お聞きください。

本来の発音→カタカナ英語、で発音しています。

 

いかがでしょうか?

よりネイティブに発音するコツは、出だしの口の形を「ホ」に近づけるものの、「ホ」と言わずに「ウェン」と発音する事です。

文章だと説明が難しいですが、録音した音声や他のネイティブな人の英語も聞きながら色々研究してみてください。

まとめ

Whの発音

今回は「Wh」で始まる単語の発音に関して解説させていただきました。

録音をさせていただいた「Why」を聞いていただけるとわかるように、カタカナ英語の「ホ」と発音する事は間違いである事が分かるかと思います。

よりネイティブに近づけるためには、「When」の録音で聞いていただいたとおり、ちょっとコツも必要ですが、まずは一歩ネイティブに近づくために、「ホ」と言わない事から始める事をオススメいたします!



-子音の発音

© 2021 Shiro Kato