子音の発音

【簡単】単語の最後に「L」が来た時の発音を徹底解説!すぐにネイティブに近づける!

単語の最後に「L」が来た時の発音

カタカナだと「L」と「R」は同じ「ラ行」で表記されるものの、実際の発音は全く異なり、これが日本人の英語の発音を伝わらなくしているひとつの原因でもあります。

「R」に関しては日本語には全く無い発音のため、少し訓練が必要ですが、「L」は「ラ行」の発音に近く、少しコツを掴めば割と簡単にマスターが可能です。

今回はその「L」が単語の最後に来た場合の発音方法を解説させていただきます!

単語の最後に「L」が来たら直前の母音を「オゥ」と発音する

さっそく、いくつかの単語を本来の発音とカタカナ表記とを比べていきます。

本来の発音カタカナ英語の発音
FeelフィーオゥLフィール
HealヒーオゥLヒール
WhileワーイオゥLワイル
SealsィーオゥLシール
IsleアーィオゥLアイル
MailメーィオゥLメール
WillウェオゥLウィル

このように最後に「L」が来た場合、直前の母音を「オゥ」と発音します

コツとしては「オ」をあまり強く言いすぎない事です。

また、「オゥ」で終わるのではなく、軽く「L」の発音を入れるため、表記の最後に「L」を入れてます。

「Mail」を例に実際の発音を聞いてみてください。

 

「While」「Isle」などのようにスペル上最後に「e」が入ってるものもありますが、これらの「e」は発音をしないので、無いものとして考えて大丈夫です。

最後に「L」が来ても発音が異なるもの

最後に「L」が来ても「オゥl」と発音をしないものもあるので見ていきましょう。

本来の発音カタカナ英語の発音
FallファーLフォール
MallマーLモール
CallカーLコール
FillフェLフィル
HillヘLヒル

これらのように最後が「ll」となっているものはすでに解説した「オゥl」ではなく、カタカナ英語に近い発音になります。

上記例だとどちらかというと「L」の部分以外の母音の発音の違いが目立ちますね(笑)

同様に表記上最後を「L」としてるのは、「ル」と言い切るのではなく、軽く発音をするためとなります。

「Fall」を例に実際の発音を聞いてみてください。

いかがでしょうか?「ル」と言い切らずに軽く発音する具合が伝われば幸いです。

まとめ

単語の最後に「L」が来た時の発音

今回は単語の最後に「L」が来た場合の発音にフォーカスして解説してきました。

ポイントをおさらいします。

ポイント

  • 「L」の発音はカタカナ英語の「ラ行」に近い
  • 単語の最後に「L」が来たら直前の母音を「オゥ」とする
  • 単語の最後が「LL」だった場合は直前の母音は変えなくてOK
  • 最後は「ル」と言い切らずにかるく「L」を発音するようにする

「L」自体の発音はカタカナ英語の「ラ行」から大きく変わりませんが、このように直前の母音の発音が全く異なります。

でも、意外と簡単に覚えられるし、発音自体も難しくないですよね?

今回の解説を理解してしまえば発音はもちろん、リスニング力も大きく向上すると思います。

是非これらを踏まえて色々な英語を聞いてみてください!世界が広がりますよ!



-子音の発音

© 2021 Shiro Kato