子音の発音

「th」の発音方法と代替案!どうしても難しければこの方法で発音しよう

thの発音方法

当サイトで解説している英語の母音の発音に関してはある程度コツを掴めば身に付ける事が簡単ですし、カタカナ表記も色々と工夫をしながら解説させていただいてます。

ただ、母音の発音と同じようにいかないのが、日本語には存在しない発音である「r」と「th」です。

今回はその中でも「th」の発音方法を、なるべく分かりやすく、身に付けられるように解説をさせていただきます。

ただ、日本語に存在しない発音なのでどうしても習得難易度が高いです。

どうしても難しい場合は「この代替案の発音ならOK」、「この発音をしたらダメ」を併せて紹介させていただだきます!

「th」の発音について

「th」の発音には大きく無声音と有声音の二通りがあります。

「teeth」の最後の「th」は無声音で、「the」の「th」は有声音です。

見分け方として、カタカナ英語にした際に「ス」「シ」などの「サ行」になるものは無声音、「ザ」「ジ」のように濁る場合は有声音です。

関連記事
無声音について
言い切らない事がコツ!無声音をマスターして滑らかで自然な英語の発音に。

普段意識はしていませんが、日本語でも存在する無声音。英語ではかなり多様するので滑らかで自然な英語を喋れるようになるためにはマスター必須です。英語でどのような時に無声音を使うか、パターン毎に解説させていただいてます。

続きを見る

「th」の発音方法

ここはカタカナだと表記できないので、具体的な口の動きで説明させていただきます。

まず最初に口から舌を突き出してください。この際、舌を噛まない程度に口を閉じて上顎の歯と舌が当たるようにします。※この際に唇と舌が触れないようにするのもコツです。

そして、その状態で口から息を吹き出します。

これが無声音の「th」の発音です。

ただ、当然このままでは普段使いはできないので、その位置を保ったま舌の先端が前歯の後ろに触れる位置まで戻します。

上記状態で息を吹き出した際の音が一緒であれば無声音の「th」はマスターです

有声音に関しては要領は上記と一緒で、これに声帯から発した声が混ざったものなので、そのまま息を吹き出しながら声を出してください、

これが有声音の「th」の発音です。

この発音方法は絶対ダメ!

カタカナ英語の場合、「th」はサ行・ザ行で表記されますが、間違っても「シ」「ザ」「ジ」で発音してはダメです

具体的には「Thing(シング)」「That(ザット)」「The(ジ)」

上記をアルファベットで表記すると「Z」「G(J)」になってしまい、本来の発音と大きくかけ離れてしまいます。

どうしても難しい場合はこの発音で代替を

「th」の発音方法で解説させていただいた方法でどうしても難しそうな場合の代替案を解説させていただきます。

無声音「th」の発音方法代替案

カタカナ英語だと「サ」「ス」などで表記されますが、ここは妥協でそのまま発音しましょう

もちろん、妥協なので本来の発音とはかなり違います。

ただ、伝わる度合いで言えば、今の状態から変に発音を変えない方が伝わる可能性が高いです。

「t」や「d」の発音が聞こえない?発音が消える現象」の記事でも解説してますが、英語は場合によっては発音が消えてしまうこともあり、文脈の流れで何を言っているのか理解する事が多いです。

そのため、変に発音を変えてしまうよりは今の発音のまま「サ」「ス」を貫いた方が何を言っているのか伝わりやすいでしょう。

有声音「th」の発音方法代替案

有声音の「th」は無声音の場合とはちょっと違います。

既に解説したように「ザ」「ジ」なNGですが、代替するなら「ダ」「ディ」でいきましょう。

これももちろん本来の発音とは異なります

ただ、本来の有声音の「th」と「ダ行」の発音をする際の舌の位置がとても近く、発音も近しいんです。

「The World」を「ザ・ワールド」より、「ダ・ワールド」と言った方がよっぽどネイディブに近く、伝わります。

ポイント

実際、黒人さんの発音って実は有声音の「th」を「ダ行」に近い形で発音する傾向にあり、「The」を「Da」と表記するほどであります。

まとめ

thの発音方法

以上、今回は「th」の発音に関する解説でした!

記事冒頭の「「th」の発音方法」で解説した方法でまずは「th」の発音を練習する事をオススメします。

ただ、こればかりは一朝一夕で身に付くものではないため、難しい場合はダメなパターンを理解した上で代替案で発音をすれば、かなりの高確率で何を言っているのかネイティブに理解してもらえると思います。

今回の「th」の発音、みなさんの参考になれば幸いです!



-子音の発音

© 2021 Shiro Kato