発音の基礎【母音】

英語の母音「u」は今のままで大丈夫!一部例外もしっかり押さえよう。

英語の母音「u」の発音方法

母音「i」の発音「o」の発音の次に覚えやすい「u」の発音を解説させていただきます!

覚えやすい、というより基本的に今の発音のままで大丈夫なので、あえて覚える感じではないかもしれませんが、整理させていただきます。

こちらの記事はあくまで母音の発音の焦点を当ててるので、カタカナで表記している子音は本来の発音と異なるものがあります。

発音のしかたは大きく分けて2種類

母音の発音の基礎で解説のとおり、他の母音同様に大きく分けて2種類の発音方法があります。

アルファベットの読み方でそのまま読む

「u」をアルファベットどおりに「ユー」もしくは「ウー」と読みます。

ユー」「ウー」としっかり伸ばしましょう。カタカナ英語だと「ユ」「ウ」と伸ばさない事が多いですが、このちょっとした違いでネイティブ感が大きく変わってきます。

実際の単語で見ていきましょう!

正しい発音カタカナ英語の発音
Musicミューゼックミュージック
Universeユーネヴーrsユニバース
Uniteユーナイッtユナイト
Tubeトゥーブチューブ

Tubeのように子音の発音が違うものや、u以外の母音の発音がカタカナ英語と異なるものはあるものの、uの発音の仕方自体はカタカナ英語とほぼ同じ事が分かるかと思います。

「ア」と読む

こちらもカタカナ英語そのままの発音方法です。

アルファベットの読み方よりもカタカナ英語に近いので、基本的にはそのままいつもどおり読んでも問題ないです。

似たもので「o」の発音で「アー」と発音するものがありますが、uの場合は「ア」と伸ばさないのが特徴です。

実際の単語で見ていきましょう!

正しい発音カタカナ英語の発音
Upアップアップ
Luckラックラック
Funファンファン
Gunガンガン
Clubクラbクラブ
Cutカッtカット

正しい発音とカタカナ英語に分けた必要があまり無いですね(笑)

これらの単語は安心してそのまま発音して大丈夫です。

例外的にと読むもの

基本的にはここまでで説明してきた「アルファベットどおり」「ア」と読む2種類の発音が基本ですが、中には例外もあります。

カタカナ英語どおり「ウ」と読むもの

ここではカタカナ英語どおりに「ウ」と読むものです。今まで発音してきた方法そのままで問題ございません。

いくつか挙げています。

・Bush(ブッシュ)
・Push(プッシュ)

その他の読み方

・Minute(メネッt)※「エ」と読む

現時点ですぐに思い浮かぶのは上記のみですが、随時気づいたものを追加していきます。

まとめ

英語の母音「u」の発音方法

他の母音の発音と比べると比較的に簡単、というかカタカナ英語に近い「u」の発音ですが、いかがでしたでしょうか?

カタカナ英語と近いとはいえ、若干の違いもあり、そのわずかな違いがネイティブな発音との大きな違いを生んでしまいます。

他の母音同様に例外もあるので混乱しやすいですが、この記事の内容を押さえたうえで自分の耳を信じて英語を聞けば正しい発音は聞き分けられると思います。



-発音の基礎【母音】

© 2021 Shiro Kato